ガラスチューブ製造工程

ワインダー

大きなボビンに巻かれたヤーンを製紐機で使用できるようにワインダーで小さなボビンに巻替えます。

製紐

ワインダー機で巻いた小巻きボビンを製紐機にセットし、編組してチューブ状のスリーブを作製します。



ワニス配合

シリコーン樹脂は、それぞれ定められた配合比、作業手順に沿って作製します。

塗布

塗布タワーにて編組されたスリーブに樹脂を塗布乾燥させて絶縁チューブを作製します。


このタワーは連続生産ができる設備です。

仕上げ・外観検査・特性検査

樹脂を塗布乾燥したチューブを目視・指触で外観検査を行い所定の長さに仕上げます。


チューブ内径及び破壊電圧試験等の特性検査を行い製品規格に合格しているか確認します。